大切なペット

獣医さんに診てもらう

昔に比べてペットを飼う家庭が多くなり、その扱いもただのペットではなく真剣に家族として仲良く暮らす人が増えています。
以前のようにざっくりとした世話で長生きするという接し方ではなく、しっかりと動物病院やトリミングのようにペットのためのお店を利用して健康管理や美容の管理を行う飼い主の人も多いです。しかし、犬だって人間と同じように年齢を重ねてしまいますし、その犬の形によって発病しやすい病気などもあります。

■犬の病気
最近問題となっているのが椎間板ヘルニアです。日本は海外のように広い庭はありませんから、どうしても小型の室内犬が人気の傾向が強いです。おとなしく買いやすく人懐っこい犬種としてダックスやコーギーが人気となっていますが、このような胴長短足の犬種が発病しやすいのが椎間板ヘルニアなのです。椎間板ヘルニアは人間にもありますが、同様にペットにも存在しています。犬だけでなく猫や他の動物でも発症するものがおります。
人間と違ってペットは発言できませんし、ここが痛いと説明もせきません。ですから何か変だと感じ取ればすぐさま動物病院へ連れて行く必要があります。

■注意点
動物病院は人間と違って保険が適応されませんから、本格的に悪化してしまうと非常に病院にかかる費用が高額になってしまいます。お金がなくて治療ができないという状態にならないように、しっかりとお金には余裕を持った状態にしてからペットの購入を考えて下さい。特に椎間板ヘルニアは足や腰に直接係る部分となっていますから、下手をすれば寝たきりになってしあうペットや歩けなくなってしまうような犬種も多数おります。そうなると車いす代金や入院手術の費用がかさむことになります。
最近は動物病院での支払いで困惑しないようにペット保険も登場しています。ダックスのような椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種を勝っている場合には、病院にかかった時のことを考えてしっかりと保険に加入しておく必要があるかと思われます。

オススメリンク

椎間板ヘルニアに苦しむ犬のために治療院を探しておくならこちら!:愛犬のための椎間板ヘルニア治療院ガイド

子犬を抱き上げる

治療とは

動物病院で椎間板ヘルニアの治療を仕様と思えば、犬種や症状にもよりますがまずは内科での治療です。注射や薬もそうで…Read more
ペットと会話する

症状

椎間板ヘルニアにかかった犬には症状のレベルがあり、それを動物病院で判断して内服か手術かを選択します。まず一番軽…Read more
犬を抱きしめる女性

場所

椎間板ヘルニアという名称はきいたことがあっても、どこのどんな場所なのかまでは把握していない人がおります。この椎…Read more

関連リンク

Powered by WordPress | Designed by: WordPress Themes Directory | Thanks to Themes Gallery, Themes Gallery and Premium Themes